単純黒子と色素性母斑について


身体や顔などのさまざまな部分にできるほくろというのは、メラニン色素を含んだメラノサイトという細胞が集まって発生をします。
ほくろにも種類が実はあり、「単純黒子」と「色素性母斑」の大きく2つに分けられています。

単純黒子は、メラニン色素を作り出すメラノサイトが皮膚のごく浅い部分にある状態にあり、その浅い部分でメラニンを生成したもののことを言います。
薄茶色のものもあれば黒色のものもあって色がさまざまで、大きさは1~2mmと比較的小さなものが多いです。

色素性母斑は、母斑を形作っているメラノサイト母斑細胞がいくつもの層になってできるため、最初のころよりも徐々に盛り上がってくるという特徴があります。
色は着色をしない皮膚の色と同じものもあれば茶色いものもあるなどさまざまで、盛り上がりの度合いもさまざまです。単純黒子に比べると大きくて目立つことから、除去を希望される方が多いです。

小さいものであればレーザーで除去出来るのですが、5mmを超えるような盛り上がりになっているようなものは、手術で切除をしなければなりません。

This entry was posted in ほくろ除去にあたっての基礎知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found